やましろ商工会

錦川観光協会 開催しました。

錦川観光協会 開催しました。 2014年06月02日

県内で今年最高気温を記録した、5月28日土曜日。

錦川観光協会の総会が開催されました。

例年、総会前に地域名所を視察しているのですが、今年はダム工事が本格的に始まるのを前に、

現場視察と、数年後には沈んでしまう「猿飛の石庭」の視察をしました。

 

会長挨拶残土処理場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは平瀬ダム工事の残土処理場(中の谷)へ。

「谷」のはずがすっかり埋まって小山ができていました。

平成17年の台風の後に行われた錦川の浚渫工事で出た砂利を集めて、ダム工事の骨材に再利用するとのこと。

その集めた砂利が右手前の小山で、今後この場所で砂利の選別もしていくそうです。

 

その後、旧道に沿って移動し転流講へ。

 

溝転流 転流 入口

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バスを降りて草むらを歩いていくと、コンクリの壁がドーン!!緑の中に人工物。

国道から見えない場所にあるので、秘密基地みたいな感じがしました。

 

転流 内部

中はひんやり、外とは大違いなほど。

 

ダム工事が始まるときに、川の水を

この中を通して下へ流す、バイパス

みたいなものです。

 

 

 

 

 

 

猿飛 下向き 猿飛

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後の視察場所は「猿飛の石庭」です。

ダム工事の範囲内にあるため、今は簡単に入ることができません。

参加した会員さんたちはみな、夏はここで遊んでいた方ばかり。数年後にはダムの底、感慨深いものが

あるようです。

私は初めてここへ来ましたが、確かに川遊びするには最高に楽しそうな場所でした。

それに、水はきれいで空を写し、岩の上には松の木が生え、まさに「景勝地」でした。

 

最後木谷峡にある、吉川林産興業(株)さんの愛林館をお借りし、総会を行いました。

 

総会

梁や柱に木谷の木を使ってあり、

木の香りがして素敵な建物でした。

 

広瀬の町は34.4度を記録した

ようですが、ここは窓を全開して

扇風機で賄えました。

 

 

 

 

 

視察から出席いただいている、市観光課長さんが岩国市長さんから預かった挨拶があり、

松本市議さんや錦総合支所長さんのあいさつ、ダム事務所長さんら来賓の紹介の後、

議事に入りました。

昨年度の事業報告、収支決算と今年度の事業計画、収支予算は承認いただき、総会を

終了いたしました。

 

今年度の事業計画にもあるダム工事を活用した産業ツアーや、オオサンショウウオの

展示など今後企画委員会、役員会を通じて本格始動していきたいと思います。

 

 

指導員かよ


やましろ商工会 | 錦日記