やましろ商工会

「儲けた利益はどこへ行ったのか!」 セミナーを開催しました。

「儲けた利益はどこへ行ったのか!」 セミナーを開催しました。 2013年11月01日

消費税転嫁対策セミナー 第1弾

「儲けた利益はどこへ行ったのか!」 セミナーを開催しました。

 

P1090533

 

「利益が出ているのに、現金がない・・・。」よく耳にする会員さんの声。

利益が、現金という形ではなく、売掛金や固定資産に形を変えている現状

などを紹介。

参加者と一緒に電卓をたたきながらキャッシュフロー計算書を作成し利益が

どこへ消えたかさぐりました。

 

P1090534P1090538

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講師は 税理士 星 叡(ほし ただし)先生

埼玉より、飛行機で岩国錦帯橋空港へ来られ、やましろへ・・・

貸借対照表や損益計算書からいきなりキャッシュフロー計算書を作るのではなく、

先に「今期の儲け計算書」(期末貸借対照表-期首貸借対照表)をつくることで、

キャッシュフロー計算書への転記をスムーズにできる方法を教えていただきました。

 

セミナーの中での先生の話に、「税はコントロールするものである」と言われました。

どういうことかというと、

1年間終わって計算し、税金はこれだけになる、という「出たとこ勝負」というやり方は×

毎月の記帳、試算表を積み重ねていくことで、税金をコントロールし、その事業所に適正な

(ふさわしい)税をおさめるのが

 

ちょっとおどろきました・・・。

 

出たとこ勝負、払わんにゃ~いけんけ~しょうがない、そんな税金の計算、納付が多くの場合

です。

記帳指導で毎月出して~とか、早め早めに記帳した方が仕事の様子がわかるよ~とか言ってますが、

それは、経営状態だけではなく、納める税金をコントロールすることにもなるのです。

 

今日のセミナーで私が一番大きくメモした先生の言葉でした。

今度はこれを会員さんにどうつなげるか・・・ですね。

 

星先生には、夜にもかかわらず遠路お越しいただきありがとうございました。

また、会員さんをはじめ、青年部、女性部員さんも日中お仕事でお疲れのところ、

ご参加いただきありがとうございました。

 

次回12月2日に第2弾として、「消費税の円滑かつ適正な転嫁・かっかう表示にむけて」

ど題してセミナーを開催いたします。ぜひ、ご参加下さい。

 

指導員かよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


やましろ商工会 | 美川日記