やましろ商工会

鮎、シーズン前は最中で我慢・・・?

鮎、シーズン前は最中で我慢・・・? 2012年05月16日

先日、広島県加計より山代地域の歴史について、錦町と本郷町の視察に来られました。

 

研修タイトルは「山代一揆を訪ねる」・・・。商工会とは無縁そうな研修のようですが、

 本郷町担当の指導員は、歴女ならぬ、歴男。

本郷支所は民俗資料館の管理や来客時の対応もしており、適任。

 また、錦町担当の指導員も、根っからの錦町民。

錦支所では錦川観光協会の事務委託をしています。

 そして、研修の合間には、ピュアラインにしきで昼食や、産品ステーションで

山代の特産品のお買い物など、会員事業所も行程に入れてありました。

 

そして私は・・・

 

 

  指導員がおみやげにといただいた「鮎最中」を

  いただきました。

  加計の方も鮎なんですね~。

  もちろん錦川も「鮎」です。

 

 

 

あと半月ですね。

私が子供の頃の鮎釣りさんは、5月31日の夜やってきて、深夜12時を待って入川~

って人もいましたが、いまはそれほどでもないみたい・・・。

6月1日の朝誰も川に立ってない!!って年もあったり・・・。

今年はどんな様子なんでしょうね。

 

でも、錦川の鮎はとーーーーってもおいしくて評判です。

数年前、錦川の上流宇佐川の鮎は日本一になったとか・・・。

 

山代地域の錦川沿いで鮎のフルコースがあるのは、丸屋さんと山清旅館さんの

2事業所(どちらも会員さんです。)になっていました。

鮎の塩焼き定食とかっていうのは、取り扱ってる事業所あります。

シーズンに入ったらまた情報を流せたらと思いますので、チェックして下さい。

 

さて、問題はこの鮎最中。頭から食べるか、尻尾から食べるか・・・。

福岡土産の「ひよこ」状態です・・・。

 

                                 ほじょかよ

 

 


やましろ商工会 | 美川日記