やましろ商工会

マロンの里のロマン

マロンの里のロマン 2012年03月13日

今日は美和へ巡回。

お会いした会員の方との話題にあがった、ある文豪にゆかりのある場所へ寄ってきました。

その文豪とは、

 

芥川龍之介。

 

お父さんは美和の出身で、父方の菩提寺である真教寺に石碑があります。

それがこれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「もとこれさんちゅうのひと」と書いてあります。

龍之介が父親の故郷(美和)に想いを馳せて書いたものだそう。

 

「蜘蛛の糸」は国語で出てたから読んだことあるものの、

「羅生門」なんかは名前は知ってるけど実際に読んだことはない。

ゆかりのある地、山代の者ならそれくらいは読んでおくべきか!

 

美川の指導員


やましろ商工会 | 美川日記