やましろ商工会

至高の焼き飯を求めて

至高の焼き飯を求めて 2012年01月20日

今日は岩国市内をぐるっと巡回。

お昼頃、ある町でふと「○○飯店」というのれんが目に。

 

焼き飯マニアは”飯店”と名乗る店は絶対にチェックしなければならない。

早速お店の門をくぐって注文。

 

お米はやわらか系(焼き飯はパラパラ系とやわらか系に分かれる)、

具は玉ねぎ、細ねぎ、チャーシュー、卵と至ってシンプル。

やさしい味つけでおいしかった。

 

大盛り頼んでプラス50円にはプチたまげ。

 

しかし”飯店”という言葉、お客さんを引き寄せる魔性の力がある。

中華料理屋を開業するときは絶対、”○○飯店”だ。

美川の指導員

 

 


やましろ商工会 | 美川日記